よくあるご質問

  • なぜ、本サイトでの取引では、本人確認が必要なのですか?
  • 会社や事業は通販サイトでのような商品ではありません。
    多くの人々が家族のために働き、取引先も存在し、地域社会に重要な影響を与える生き物そのものです。先般、某ハウスメーカーが東京・品川区の土地売買にて詐欺の被害にあった地面師事件がありました。これは買主であるハウスメーカーが売主の本人確認をきちんとやらなかった結果が招いたものです。
    ですから、詐欺によって、大切な会社や事業が売買の対象とされ、多くの関係者が損害を被ることを防止するため、本サイトにおける取引においては売主・買主双方の本人確認を徹底しています。
  • なぜ、廃業するくらいなら、事業譲渡を検討した方がいいのですか?
  • 廃業する際には、その会社や事業における債権債務の清算をしないといけません。
    すなわち、資産を換金して金融機関からの借入金などの債務を返済し、株主に資本を払い戻す必要があります。しかし、場合によっては資産の換金がままならず、債務が残ることもありえます。そうなると、廃業することができません。
    また、廃業によって長年、事業を支えてきた従業員たちとその家族を路頭に迷わせる場合もあります。結果、雇用を失うことによって、地域社会の衰退を招くなど、損失が避けられません。よって、廃業を考えるならば、一度、事業の譲渡を検討した方が賢明と言えます。
  • 赤字の事業なのですが、買い手は見つかるでしょうか?
  • たとえ、事業が赤字であっても売れないとは限りません。
    その理由として、弊社にしかない技術やノウハウ、大手企業と取引をしていたりすれば、それだけで大きなアドバンテージとなって、事業価値が認識され、買い手が現れる可能性があります。また、事業が赤字あるいは債務超過となっている場合、その原因を探っていくことも必要です。役員報酬が高額であったり、必要以上の生命保険に加入して損金が過大となり赤字が生じていることもあるからです。
    これらを適正な金額に是正することで黒字転換する場合もあります。よって、単に赤字だからと言って買い手が見つからないことはありません。一度、経費の中身を吟味することも必要でしょう。
  • なぜ、貴社ではネットのみでの事業譲渡が不可なのですか?
  • 会社や事業には何らかのリスクが潜んでいます。例えば、製造業においては土地の土壌汚染が考えられますし、経営者が友人が社長を務める会社の借入金について債務保証を行っていることもあります。また、従業員の未払い残業代の問題が発覚することも考えられます。場合によっては、将来、税務調査において追徴課税がなされる可能性も否定できません。このように事業を行っていく上においては様々なリスクが隠れていることが多いものです。よって、ネットでの事業譲渡の場合、これらのリスクが考慮されないために後日においてトラブルに発展することもありえます。ですから、弊社では、ネットのみでの事業譲渡は取り扱いをしていません。必ずアドバイザーが立ち合いますので、安心して取引することができます。
  • このサイトを使って、何が実現できますか?
  • 後継者がいない会社や事業を引き継いでくれる第三者、すなわち、買い手を見つけることができます。人口減少や少子高齢化など、先行き不透明な時代において、新しく事業を手にして成長戦略を考えている会社は最近非常に増えています。売却しようとする事業に強みや光る部分など、何らかの魅力があれば、第三者に引き継いでもらえる可能性が高いです。要するに長年育ててきた会社や事業の引き継ぎが本サイトにおいて、実現することができます。
  • 今、サラリーマンをやっていますが、将来が不安なため、事業を買いたいのですが、可能でしょうか?
  • サラリーマンの方でも本サイトで事業を買うことができます。現に今、サラリーマンの方が300万円ほどの事業であれば、積極的に買われている方々が現れてきています。定年後に事業を始めたり、または在職中から副業として行ったり、あるいは業績によっては会社から株主配当金をもらうなどしています。事業を買うということは、将来の年金財政が不安で果たして年金がもらえるのか?そんな不安を抱えている方々も事業を買い取ることによって、新たに事業を始めるなど、第二の人生における有効な選択肢の一つになることでしょう。よって、ご自身の将来に不安を抱いていたり、以前からやってみたかったという事業が見つかれば、迷うことなくその事業を買うことによって、今後の人生を生き抜くうえで有意義なものになるに違いありません。
お問い合わせはこちら